金欠で苦しい学生がお金を作る方法とは?

大学生とは社会人一歩手前の位置にいて、高校生よりも交友範囲が広くなりますし、大人と同じように付き合いを大切にするようにもなります。

 

付き合いの回数が増えれば当然お金だって掛かりますし、その上に下宿代や生活費、大学のサークル活動では、奨学金や親から貰う毎月のお小遣では足りない位お金が掛かるものですよね。特にアルバイトの給料日前の金欠具合と言ったら悲鳴が上がるくらいつらいものです。

 

そんな時どうするか?どんどん続く出費に対応するには取敢えずアルバイトでお金を稼ぐしかないと考えることでしょう。

 

大学生がお金を作るなら、まずはアルバイトから

同じ大学に通う学生でも経済状況は人それぞれであり、裕福な家庭で親に学費を払ってもらっている人がいれば、奨学金で大学に通っているという人もいることでしょう。

 

親の資力に関わらず、友人やサークルなどの付き合いは普通にあるものですよね。下宿している学生さんであれば家賃や生活費にもお金がかかります。金欠でもこれ以上奨学金や親に頼れない場合には自分で稼いで必要なお金を作る必要があるでしょう。

 

近年、親からの仕送りや奨学金の給付額が減少しているようですが、日本の奨学金制度を支えている日本学生支援機構の調査によると、学生のアルバイト収入はそれに反して増加しているようです。親や奨学金からの収入が減った分は、学生自身のアルバイト収入で補充していることが以下の表から分かると思います。

 

(出典:JASSO(日本学生支援機構)「平成28年度学生生活調査結果・収入額内訳の推移」(平成30年3月)

 

どんな方法でお金を稼ぐにしても、まずはアルバイトから始めることが得策と言えますよね。アルバイトの給料の一部でも毎月残すことができれば、ある程度の貯金もできるでしょう。

 

毎月一定の収入が得られることでキャッシングも可能に

大学生活を充実させるために始めるアルバイトにより、毎月一定のお金を自由に使うことができるようになります。継続して働くことは安定した学生生活を送る上での大きなメリットとなるのです。

 

安定した収入を得られるようになれば、金融機関からキャッシングすることも可能になります。

 

学生でも金融機関でお金借りられるの?と思うかも知れませんが、以下のような条件を満たすことができれば学生でもキャッシングで金欠を回避できますよ。

学生がキャッシングを利用するための条件

  • 銀行や消費者金融の利用なら20歳以上であること
  • 毎月安定した収入を得ていること
  • 信用情報(※)にキズがないこと

【※信用情報について|指定信用情報機関のCIC

20歳未満の大学生でも学生ローンならお金借りれる業者もありますが、未成年が親に内緒でお金を借りるのは難しい場合もあるのです。アルバイトをしてもお金が足りない場合でも、未成年のうちは無理に学生ローンを利用するより親に頼るのがおすすめと言えるでしょうね。

 

20歳以上の学生であれば、毎月安定した収入があることでキャッシング可能ですが、アルバイトの勤務年数が長いほど審査に通りやすくなります。ただし、他の借金の返済を長期的に滞納している、スマホの分割払いを滞納しているなどがあれば、信用情報に傷がついている可能性もあるのです。

 

信用情報に傷がある状況を俗にブラックと呼びますが、ブラックリスト入りしているからと闇金からお金を借りるのは危険なので止めた方がいいです。正規登録の貸金業者なのか、あるいは無登録の闇金業者なのかの判断は、全国の財務局のホームページ(参考:金融庁「各財務局のホームページ」か都道府県の貸金業担当課(参考:金融庁「各都道府県知事登録の貸金業者に関するお問い合わせ先」で確認してみてください。

 

学生でも今すぐお金借りることは可能

学生ならサークルの付き合いや、友達との飲み会などでどうしても今日の夜までにお金が必要ということもあるでしょう。実家暮らしでなく学生寮や下宿先で生活している場合には、家賃や水道光熱費を支払うお金がないという緊急事態も有り得ますよね。

 

どうしても今すぐお金が必要な時には、アルバイトの給料が入るまでの繋ぎとして大手の消費者金融から即日お金借りるという方法もあるのです。

 

低金利が魅力の銀行カードローンは即日融資が難しくなっているため、急ぎの場合には消費者金融の方が利用しやすいですし、借りて直ぐに返すのであれば利息の差を気にする必要もないでしょう。

 

プロミスやアコム、SMBCモビット、アイフルなどの消費者金融ならテレビでも良くCMが流れていますし、人気のキャッシングサービスなので安心して借りることができますよ。

 

お金を作る方法